海外旅行先でお金が必要になった時はクレジットカードでキャッシング

海外旅行中は何があるか分かりません。時には予想外の出費によりお金が不足する事もあります。そんな時にはキャッシングで必要なお金を補充する事が必要になるでしょう。そんな時に必要になるのがクレジットカードです。
海外で言葉が分らなくても「VISA、MasterCard、JCB」のロゴを見つける事は簡単なので、そのロゴのあるATMを利用する事でキャッシングが可能になります。
日本で発行されたクレジットカードでも、これらのブランドのロゴが付いているカードならば使用する事ができます。

 

海外のATMを利用する事では言葉の問題もありますが、事前に情報を得ておく事で何とか機械の操作をする事ができるはずです。

 

 

 

【海外でのキャッシング方法とは】

 

海外でのATM操作は国内の機械とは違うので外国語表示されている事や、システム自体が日本とは違う面もあります。海外旅行中でもいざと言う時には勝手が分らなくてもATM操作に挑戦をしなくてはならない事になる可能性もあります。その為には利用しているクレジットカードのホームページ等を参照して、海外でのATMの利用方法を事前に熟読したり、掲載画面を写メやプリントで残し海外旅行に持参すると良いでしょう。

 

例えばUFJニコスのホームページやセゾンカードのホームページでも海外ATMの操作方法を掲載しています。

 

それでも海外のATMの利用は敷居が高いという場合には、クレジットカードの「提携金融機関窓口」に出向き、クレジットカードとパスポートを提示する事でキャッシングを行う事もできます。

 

 

 

【海外でアコムのACマスターカードを活用する】

 

クレジットカードというと信販会社の発行するカードを想像する人が殆どであると思いますが、消費者金融のアコムでもクレジットカードを発行しています。
「ACマスターカード」というカードがあって、キャッシングカードにクレジット機能を付けたカードとなっています。MasterCardのロゴのあるATMで利用する事ができます。

 

海外でのショッピングにも利用できるので、海外旅行中に余り多くのカードを持ちたくないという時にも便利な1枚と言えます。

 

 

 

【海外キャッシングの詳細】

 

海外でATMを利用してキャッシングすると、機械から出て来るお金は当然現地の通貨です。そして日本へ帰国後返済をする時には、円で返済をする事になります。その場合の為替レートは支払い日かまたは3日以内の相場が反映されるという事です。

 

海外でのキャッシングは年利18.0%の金利が付きます。日本でキャッシングをする時と同じ金利ですので、何処でキャッシングをしても金利は変わらないという事が言えます。それでも日本と海外のキャッシングでは違うところがあり、それはATM利用の手数料が200円〜300円という事で国内よりも高い事と、返済の方法という事になります。国内でのキャッシングの返済方法は基本的にはリボ払いとなりますが、海外でキャッシングをした場合には一括払いとなります。リボ払いにする事はできませんので、海外でのキャッシングは一括払いをできる金額までのキャッシングを心掛けるべきです。海外旅行という事で気持ちが大きくなってしまうと、帰国後に大変な事になってしまいますので注意しましょう